オリジナルTシャツの生地の素材をご紹介

オリジナルTシャツの作成と言えば、色やデザイン、ロゴを真っ先に思い浮かべる方が多いでしょう。それらも見た目の印象を大きく変える大切な要素なのですが、もう一つ注目しておきたいのが生地の素材です。素材次第で機能も変わって来ますし、メリットも異なって来るからです。せっかくTシャツを作成したのに不満が出ないためにも、生地の素材の特徴を知っておくことがとても大事です。安く仕上げられることだけを最優先してしまうと、後々後悔してしまうことにもなりかねません。せっかく作成するのなら、後悔をしないように慎重に生地の素材を選ぶようにしてください。綿、ポリエステル、ポリエステル、レーヨンが記事の素材の主流になっていますので、早速、詳しく見ていきましょう。

定番の綿100%Tシャツの魅力とは何か

オリジナルTシャツといえば、定番の綿100%を思い浮かべるものですが洗いざらしの心地よい肌触りが魅力です。しっかりとした着心地で洗濯を繰り返しても形崩れしないため、定番の素材として人気を得ています。しかも、誰もが扱いやすい素材なので安心感もあるので、圧倒的に多くの人から支持され続けています。また、オリジナルで初めてTシャツを作成する時に、まず、綿ならリーズナブルな価格ですのでコストを抑えて作成しやすいというメリットもあります。着心地の良さと通気性を重視したいという人におすすめの素材ですし、初めてTシャツを作成したい方でもお試しで価格を抑えて作成できるので安心感があります。何と言っても、綿だと気軽に作成できるというのは大きな魅力といえるでしょう。

ポリエステルや混合の素材の魅力とは何か

オリジナルTシャツは、定番の面を100%だけではなく、ポリエステル100%や綿とポリエステルの混合素材も多数取り扱われているのをご存知ですか。このような素材はドライのTシャツと呼ばれ本文、ポリエステル100%か混合のものが多く、通気性が良いため早く乾きやすい魅力あります。汗を掻いても通気性が良いので、べたべたとした肌への密着を軽減出来ます。同じ、ドライのTシャツでも民主になっている製品も人気が高くなっています。メッシュだとよりさらっとした心地良い肌触りを実感できるからです。スポーツ向けのTシャツで人気が高いのですが、同じスタッフのメンバーとして着用する時にも良く用いられます。もう一つ、トライブレンドというのがありますが、綿とポリエステル、レーヨンの糸をブレンドした素材です。肌触りがとても良くてさらに着心地の良さがアップするのが、大きな魅力です。