素材が重要なオリジナルTシャツのおすすめの生地

オリジナルTシャツと一口に言っても、様々なものがあります。安っぽい白Tシャツにプリントをするだけのものではありませんので、しっかり選んで依頼しましょう。最近は様々な素材のTシャツが作られており、ベースに使用するTシャツも高機能なものを選ぶことが可能です。満足いくものを作るには、素材としてのTシャツ選びが重要になります。ベースのTシャツ選びを間違えてしまうと失敗しますので、しっかり選んで依頼しましょう。予算との兼ね合いがありますが、値段のみで決めると納得のいくものが作れなくなってしまいます。最近は高機能なTシャツ素材を選んでも納得のいく範囲内で作れる業者が沢山あります。どのような素材のものがあるのかを知り、満足のいく選択をするとよいです。

選べるTシャツの生地はどのようものがあるのか

Tシャツの生地には、綿100%のものやブレンドのものがあります。しっかりとした着心地で型崩れもしにくく、Tシャツの定番でもある綿100%はオリジナルTシャツ定番の素材です。綿100%のものは扱いやすくアレルギーの心配も少ない安心感がある素材ですから、沢山の方が着る場合にはおすすめです。綿やポリエステル、レーヨンの糸をブレンドして作られた、トライブレンドという素材もあります。複数の糸を使用することで、着心地がよくてファッション性の高いTシャツにすることができます。肌触りがよく快適に着ることができ、普段のファッションに取り入れやすいTシャツを作りたいときに便利な素材です。吸湿速乾のドライ機能を備えた生地も選べます。ポリエステル100%だったり、ポリエステルと綿の混合素材だったりする素材です。乾きが早いのでスポーツのときや作業のときなど、汗をかきやすいときに便利な素材です。

ブランドや編み方もチェックしよう

綿100%といっても、生地の厚みや編み方によっても機能が変わってきます。ノンブランドの安価なTシャツの場合、安くてもすぐにヘロヘロになってしまう可能性がありますので注意しましょう。オリジナルTシャツを作るときにも品質が分かりやすいブランドのTシャツを選ぶほうが安心です。Tシャツ生地の編み方には、天竺や鹿の子などがあります。天竺はTシャツに多く使われている編み方で横の方向に伸びやすいという特徴があります。鹿の子はポロシャツに多く使われている編み方で、通気性に優れています。ハニカムメッシュは蜂の巣のような網目の編み方です。編み方によって見た目の印象も変わりますし、機能も変わってきます。どのような場面で使用するオリジナルTシャツなのかを考慮に入れて、最適なものを選ぶとよいです。